クマの治療はお手軽にレーザーで出来る|効果抜群の美容外科治療

beautiful girl

日本人向けの治療

スキンケア

原因はメラニン色素

目の下のクマにはいくつか種類があります。そのなかの「茶クマ」は、メラニン色素の沈着により皮膚に茶色が染み付いてしまったことが原因です。茶クマを治すためには、沈着したメラニン色素を排除し、なおかつ新たなメラニン色素の生成を抑えることが必要です。排除するためには、ビタミンA・C・Eを摂取し、美白サプリメントを取るといった手間がかかります。また、抑制にも紫外線対策を徹底するという手間がかかります。そこで、メラニン色素の排出及び産出の抑制に効果的な治療法としてオススメしたいのが、レーザーによるクマ治療です。ライムライト(光治療)やスタックトーニング(レーザートーニング)といった治療機器は、短期間で大きな効果があります。

人気の高い理由

ライムライトは、メラニン色素の多い日本人向けに開発された治療機器です。それまでのレーザー治療は、メラニン色素の少ない白人向けのもので効果があまり出ませんでしたが、これにより大きな効果が期待できるようになりました。また、スタック(レーザー)トーニングはダウンタイムがなく、治療後には肌がほんのりと赤くなる程度です。お化粧も治療後すぐに行うことができます。レーザー治療は施術の十分な効果と安全性が保障されているため、手早く、なおかつ安心して行えるため、クマ治療法として人気です。また光による治療によって、真皮まで素早く効果が届くことや、肌への負担が少なく術後の肌も健やかに保てることも、人気が高い理由でしょう。