クマの治療はお手軽にレーザーで出来る|効果抜群の美容外科治療

beautiful girl

美容機材を使った治療

鏡でチェック中

3種類に効く方法

クマの治療にはレーザーを使った治療を行う場合があります。目の下の茶色いクマに主に効果があります。茶色いクマの場合は、メラニン色素が沈下することで皮膚が茶色く沈下されています。皮膚に染み付いてしまったメラニンをレーザーによって排除することができ、新しく産生するのも防ぐことができます。また、コラーゲン線維を作り出す細胞をレーザーの照射機能を使って刺激させて、コラーゲンを作り出すのを活性化させます。コラーゲンが増えることで、目元にピンとした張りが出て血管の色素を目立たなくさせることが可能です。コラーゲンだけでなく毛細血管も促進されることで、血流も促進されます。そうすると、茶色いものだけでなく青色や黒色のクマの治療にもレーザーを活用することができます。

機材による特徴

レーザーによっては、異なってくるポイントがあります。光治療やフォトフェイシャルにも使われているものよりも、日本人の肌質に向けて開発された機材もあります。これはレーザーとは異なって、顔に全体的に様々な効果を発揮できる光を照射します。機材から照射される熱によって、皮膚の表面から真皮にかけて光が届く、そこでメラニン色素を排出させることができます。十分な安全性と効果が期待できます。クマの治療にはシミの一種の治療にも使われている、スタックトーニングと言う機材を使った治療も効果があります。このレーザーを使ってクマに照射して、メラニンが過剰に産生されるのを抑制しで、クマになってシミが悪化するのを防いでいきます。